細部の編集

使用した機能:

  • 選択範囲
  • マスク
  • ぼかし

「細部の編集」とは、画像の一部だけを部分的に編集します。編集結果を確認するために、いくつなのかのサンプル画像を使用します。コンパクト デジタルカメラを使って撮影した画像です。背景をぼかして、望遠レンズ付きのDSLRを使って撮影したような効果を出したいと思います。画像の一部分のみを編集したい(背景をぼかす、被写体はカラーのまま背景を白黒にする等)場合は、Zonerの選択ツールを使用します。

Zoner Photo Studio では、画像の一部を選択するためのツールが数多く用意されています。選択ツールは、エディターの右側のツールボックス内の [選択] メニュー内から利用できます。サンプル画像を使って、選択範囲での作業方法を紹介します。

The selection tools.
選択ツール

1

ここでは、すべての選択ツールを使ってみることにします。まずは、一般的な 投げ縄ツール (L) からです。クリックしながら手前の人を選択することで、大まかな選択範囲を指定します。

Laso Tool

この例では、選択範囲が特別にハイライトされています。ハイライトするには、マスク設定を使用しました。表示を [表示しない] から [通常]に変更したので、マスク以外を赤でハイライトする表示に戻りました。

2

おおまかな選択範囲を微調整していきます。多角形選択 (N) に切り替えます。この選択方法の場合は、マウスを押したままでの操作は行いません。クリックにより、選択範囲の輪郭線を一本ずつ指定していきます。[選択から削除]モードを使用しているので、大まかな選択範囲から、今選択した部分が削除されます。クリックの代わりに、Ctrl キーを使用して選択を行いました。カーソルに赤いマイナス マークが表示され、結果としては同じです。選択範囲を削除しすぎた場合、[選択範囲の追加]を使用するか、Shiftキーを押します。

3

選択範囲を見ると、まだ調整が必要です。そこで、別のツール、マグネット選択 (A) を使用してみることにします。多角形選択と似ていますが、自動的に輪郭を検出して、選択範囲を指定できるという違いがあります。[感度]を使って、検出しやすさを調整しました。一般的に、デフォルトの設定値20でよい結果が得られますが、選択オブジェクトと背景の間のコントラストによって最適値は変わります。一般的に、青空のもとでの赤い傘を選択するほうが、背景が木の画像から枝を選択するより簡単です。

Magnetic Lasso

4

最後から2つ目の選択ツール、 魔法の杖(自動選択) は非常に強力なツールです。塗りつぶしと同じように、クリックした部分と似た部分をすべて選択します。このツールを使用する前に、ズームインします。被写体の周囲の細かい部分までを選択できないため、1:1での表示には適しません。ここでも Ctrlキーを使った選択を行いました。魔法の杖ツールを使用している際、正しくない部分まで選択されていることに気が付いたら、[元に戻す] (Ctrl+Zキー)を使用し、 [許容値] の設定を下げて再度実行してください。私の場合、魔法の杖(自動選択)は、被写体を選び出すのに非常に役立ちました。最後のツールは、魔法の杖(自動選択)とのコンビネーションで使用すると計り知れない効果を発揮するツールです。選択ブラシ (Q)というツールです。

5

従来のブラシのようですが、色ではなく、選択範囲をいわば、塗りつぶしていきます。一番の利点は、 密度を設定できるという点です。これは、選択範囲が マスクであるため、密度が100%、つまり濃い必要がないからです。密度の設定により、各ストロークが適用される割合が決まります。[ぼかし] レベルが0以上の場合、選択範囲の境界部分がなくなり、フェードアウトするような効果が得られます。[間隔]は、マウスをドラッグする際に、どれほどの間隔を飛ばすかを設定します。値が小さければ、細かい間隔、大きければ、広い間隔になります。

ここでは、[密度] を70%、 [ぼかし] を40、[間隔] を50に設定しました。[直径]では、ブラシの幅をピクセルで設定します。使用する直径のサイズは、編集する画像のサイズにより、適したサイズが異なります。作業中にサイズを変更する場合は、 Shift キーを押しながらマウスホイールを回転させます。

6

選択ブラシ を男性の輪郭全体を選択するのに使用しました。非常に細かい部分の作業については、徐々に [直径][密度]の値を下げていきました。選択範囲との境界部分を低密度にすることで、コンピューター処理されているのを分かりにくくすることができます。そのような理由で、最後のステップとして密度を低くしました。

範囲の選択が終わり、選択範囲の最終確認を行います。マスク の表示方法を [マスクのみ]に切り替えます。これにより、選択範囲と様々な密度レベルを正確に表示できます。選択範囲 を後で再度読み込むために保存する場合は、[選択]メニューの [選択範囲の保存] アイテムを使用します。編集途中にZoner を閉じる必要がある場合などには便利です。

マスクの表示方法を[表示しない]に戻します。次に、背景をぼかすために、 [ぼかし] を使用します。ピンボケ背景に近い効果を出してくれる ブラー(ガウス)を使いました。効果を使用した結果がサンプル画像で確認してください。背景ではなく被写体を選択したので、処理を実行する前に、[選択の反転] (Ctr+Shift+Iキー)を使用して、選択範囲を反転させる必要がありました。

We’ve blurred this photo’s backgound slightly, while keeping the photo’s subject sharp.

画像の背景を少しぼかし、被写体の鮮明度はそのままです。

7

既に述べたように、選択範囲を調整することができます。選択範囲の拡大/縮小には、同じツールを使って行います。結果はすぐに反映されます。これは、細部の露出の編集を行う際に特に役立つでしょう。 効果ブラシ で選択的に一部を暗くするのではなく、選択範囲と基本的な露出の設定を使って徐々に編集を行うことができるからです。

部分的に彩度を下げるために選択ツールを使用することもできます。つまり、被写体のカラーを維持したまま、背景を白黒にすることができます。

Here we used selective desaturation to keep the photo’s subject in color while changing its background to black-and-white.

ですから、サンプル画像についても、被写体のカラーを維持したまま、背景を白黒に変換しました。


本チュートリアルで紹介している機能等

  • 選択ツールの使い方
  • 選択範囲ん反転方法
  • マスク表示の変更方法