Zoner Photo Studio を使ったデジタル写真の処理

トーンマッピングを魔法を現実に

トーンマッピングは、Zoner Photo Studio 14 の新しい機能ですが、画像のコントラストや色調を調整して素晴らしい結果を生み出すことができます。トーンマッピングを使用して、画像内の隠れたディテールを引き出し、
強調することができます。

トーンマッピングを使用してHDR画像を作成するには、マネージャーの[作成]メニューの[トーンマッピングを使用してHDR作成...]を使用します。Zoner Photo Studio のHDR機能のように、トーンマッピングも、隠れたディテールを引き出すことができます。HDRと違うのは、1マイのソース画像からでも作業できるということです。出力は、リアルな画像もしくは、画家も驚くような魅力的なシーンの画像、どちらも可能です。

Thanks Tone Mapping my photos will finally have the perfect atmosphere.

ウィンドウ内のコントロールはとてもシンプルで、スライダーを調整するだけです。最初の3つのコントロールは、トンマッピングの出力に大きく影響します。[強度]の設定により、画像内の抑制されている構造を引き出すことができます。 雲や木が含まれている画像を処理する場合に、この点が顕著に現れます。[圧縮]の設定では、最終結果に含めるlight dynamicsの量を指定します。

[光]では、画像の「光」と「影」の領域のコントラストを調整します。最終結果の全体的な色調の調整には、[彩度]と[ガンマ補正]の設定を使用します。露出の微調整を行う場合、[黒色]と[白色]のオプションや影/光の強度レベルを調整します。

Tone Mapping

画像は1枚1枚違うので、すべての画像に合う設定はありません。一般的に、現実社会の写真であれば、圧縮を上げると強度を弱める必要がありますが、稀にこの逆が適用される例外もあります。逆に、特定のシーンでは、強度をあげた場合に光を弱める必要があります。

スライダーのつまみを右端に移動させないほうが良いでしょう。そのような場合に、画像は写真というよりもグラフィックのようになり、グラフィックとしては問題ありませんが、写真として処理する場合は適しません。このトーンマッピングの説明を読んで興味をもたれた場合、Zoner Photo Studio 14 を画像ツールキットとしてご購入いただけると幸いです。