画像の整理 - キーワードを使用

使用した機能:

  • キーワード
  • 画像情報
  • EXIFバッチ編集

写真の数が膨大なため、一つ一つ確認したり、1枚の写真を探したりするのは、非常に大変です。しかし、Zoner Photo Studioのキーワードを使えば、簡単に短時間でお目当ての画像を探し出すことができることを知ったのです。

キーワードは、「タグ」と呼ばれることもあります。画像EXIF情報の特定の部分を指します。最大の利点は、どんな画像プログラムやWebギャラリーでも認識できるという点です。一度適切なキーワードを追加すれば、その画像を探すのに苦労することは二度とありません。

1

タグつけを始める前に、タグを使用するシステムについて考えます。タグは画像または関連する詳細を説明するものであるべきです。

GPSデータを使用していない場合、画像の位置をキーワードとしてタグつけするとよいでしょう。製品の画像の場合、ブランド、カテゴリーなどをキーワードとしてタグつけできるでしょう。多くの人が行っているように、映っている人でタグつけするなら、後から「父と祖母」を含む画像をフィルタリングできます。

一般的には、事前に考え他キーワードを割り当てていく法が簡単ですが、場合によっては、タグつけの作業によってキーワードが思いつくということもあるでしょう。

2

では、実際のタグ付け作業についてみて見ましょう。マネージャー内のフォルダーもしくはアルバムを開きます。ブラウザーで表示されます。ちょうどインポートまたはレーティングをし終えたばかりのフォルダーかも知れません。マネージャーの右側にある[情報]パネル[キーボード] タブをクリックします。代わりにShift+Kキーを使うこともできます。

3

キーワードをより見つけやすくするために、オリジナルのカテゴリーを作成することもできます。新しいキーワードを作成するには、キーワード パネル内を右クリックします。キーワードを追加する際、何を意味するかを忘れないよう説明を加えることができます。ここでは、場所カテゴリーに、ロサンゼルス、国立公園、ニューヨーク、パリというキーワードを作成しました。

これらのキーワードは、画像にドラグ アンド ドロップすることで追加できるようになりました。複数の画像に同じキーワードを追加する場合、すべての画像を選択し、キーワードを右クリックします。表示されるメニューから[選択イメージにキーワードを割り当て]を選択します。

4

ブラウザーのサムネイル表示では、キーワードが追加されている画像には、サムネイルの上部に“K” のアイコン が表示されます。画像のタグを確認するには、画像上にマウスを移動させます。アイコンをダブルクリックすると、[画像情報] ウィンドウが開きます。このウィンドウを使ってタグ付けすることもできますが、画像1枚ずつしか作業できません。

同じタグを複数の画像に追加する場合、ドラグ アンド ドロップ以上に便利な方法があります。つまり、[EXIFのバッチ編集] ウィンドウを使うと非常に簡単です。