レートを使った画像のソート

使用した機能:

  • レート
  • ラベル/画像の比較
  • 100% ズーム
  • クイック検索

「ほとんどの人は、画像の編集よりも画像のソートに時間を多く使っています。膨大な数の画像の中から、表示し足り編集したりする画像を探し出すのは、楽しい作業ではないですが、重要な作業です。この作業を短縮できれば、素晴らしいと思うでしょう。作業時間の短縮の鍵は、単純明快なシステムです。」

最初の作業として、不要な画像を削除していきます。そうすれば、必然的に、キープするだけの価値がある何かを持つ写真だけが残るはずです。でも、これだけでは十分ではないことに気がつくでしょう。残った画像をソートするためには、レートの使用が重要になります。レーティングを行うには、マネージャー を開いてから、[プレビュー] モードに切り替えます。このモードは画像を実際のサイズで表示しますので、レーティング時に使用すると良いでしょう。

良いレート システムとは

普遍的なレーティングの方法が1つあるわけではなく、より良い方法を使用環境により判断する必要があります。自分の環境にぴったり合うものを見つけるのには時間と辛抱が必要です。

以下の条件は、基本的なものでそこから発展させていくことができるでしょう。多くのプロの写真かもこれに似たシステムを採用しています。

0: レート付けしていない画像 (デフォルトのレーティング)
1: 技術的に欠陥のある画像、ゴミ箱行き
2: 技術的には問題はないが、パットしない画像、必要なら場使用するもの
3: 親アルバム表示の際に含めたい画像
4: アルバム内でも特に特別な画像で、アルバム表示の場合に一緒に表示する画像
5: 画像コレクション全体の中でも特別な画像で、お気に入り画像に表示される画像

1

効果的な作業のため、しばらくはマウスの使用を忘れて、代わりにショートカットを使用するといいでしょう。画像間を移動するには、左右の矢印キーを使用します。画像をレート付けするには、Ctrl + Shift + 9, 1, 2, 3, 4, 5 を使用します。ヒント:判断に迷った場合は、その画像でずっと止まるのではなく、ある程度テンポ良くすべての画像を一巡、ニ巡して、判断が難しかった画像に戻ってきたら新鮮な気持ちで判すると良いでしょう。

2

複数の画像を一度に簡単な方法で比較するには、まず、対象の画像をすべて選択します。最初の1枚を選択後、Shiftキーを押しながら、左右の矢印キーを使ってすべての画像を選択します。隣り合わない複数の画像を選択する場合は、Ctrlキーを押しながら、そろぞれの画像をクリックします。マネージャーの比較モードは、最大4枚の画像を表示できます。

3

画像の詳細、鮮明度や人の顔の表情を比較するには、100%ズーム(Num*)を使用します。ズームインした画像の場合、カーソルの形が変化します。手のひらの形のカーソルは、クリック アンド ドラグで画像のパンする(スクリーン上に表示される部分を移動してかえる)ことができます。これは、複数の画像を選択している場合でも有効です。

4

画像のレーティング後に簡単にフィルターをかけるには、フィルムの上のクイック検索ボックスを使用します。クリックすると拡張され、レート等の条件を設定するためのコントロールが表示されます。上記のレートの定義を試用した場合、3以上の画像を表示、4以上の画像を編集するという条件で実行します。この場合、1としてレーティングされている画像を自動的に削除することもできます。

本チュートリアルで紹介している機能等

  • インポートした画像を簡単に参照する方法
  • 画像を手際よく、体系的にレートする方法
  • 画像の比較方法