Zoner Photo Studio X

一度開いたRAWファイルの再表示する時間が大幅に短縮されます。現像モジュールには、全く新しいプリセットのグループが、エディターには、改善されたレイヤーコントロールが用意されています。どちらもモジュールでも、使いやすさのためにカスタマズを行うことができます。さらに、AIが写真の補正作業を行ってくれます。

無料体験版ダウンロードWindows 7/8/8.1/10 対応

 
 

現像モジュールでの作業を数倍も高速化

現像モジュールで写真を再度読み込む場合の速度が、以前よりも格段に早くなりました。RAW読み込みが平均で4倍も早く!

 

新たなパネル配置オプション

現像モジュールとエディターのコントロールグループ(パネル)を、お好みの場所に配置することができるようになりました。幅の広いディスプレイをお使いですか?問題ありません。以前のレイアウトに戻すも可能です。

 

1列表示

オリジナルレイアウトの場合

2列表示

幅の広いディスプレイの場合

ポップアップ

最小限のスペースで、必要な場合

 


レイアウト変更について

現像モジュールの「プリセット」パネル、エディターの「編集」パネルを設定するには、各ヘッダーのメニューをご使用ください。

 
 
 
 

レイヤーでの作業

エディターのレイヤーの整理ができます。グループ化したり、移動したり、特定の編集を適用したりできます。

 

ネスト可能なレイヤーグループ

レイヤーのリンク付けや移動がより明確に

より簡単な配置(位置づけ)を可能に
するガイドライン

 
 
 

新しいプリセット

新たに追加されたプリセットフィルターは、写真の最新トレンドを反映したものになっています。別のパネルで開くようになったため、お気に入りフィルターを探したり、オリジナルのフィルターを新規作成したりしやすくなりました。

 
 
 

AIによる新たな自動編集

今まで以上の自動編集

再び、自動編集の改良を行いました。用意された自動プリセットを使って、一般的な写真の種類(風景、人物、白黒等)での基本的な問題をワンクリックで修正できるようになりました。これまで通り、その後の数クリックで、微調整を行うことができます。

AIが写真をさらに素敵に

確かに、写真の補正は難しいことではないかもしれません。しかし、時々非常に複雑なコンピューター科学のようになることがあります。追加したAIが写真の中の顔を探し、編集を行っている間も正しく扱い、自動手補正するので、他の類似製品よりも自然な仕上がりになります。共に開発を行ったブルノ工科大学のコンピュータ科学者のみなさんには、心から感謝しています。

 
 
 

カメラとレンズの設定は重要

写真編集は、カメラとレンズ プロファイルの正確な設定から始まります。そのため、現像モジュールの最初に、この設定のためのツールを提供します。これにより、より本物に近い色が得られ、レンズの欠陥(ビネッティング、樽型歪曲収差、色収差)を防ぐことができるので、時間の節約になります。

 
 
 

Zoner Photo Studio X
ゾナーフォトスタジオ「エックス」

30日間体験版を無料でお試しください
 
ダウンロードWindows 7/8/8.1/10 対応